キックスタート(Kick Start)の歌詞と歌割!日本語訳も!BE:FIRSTメンバーが作詞?

BE:FIRST

こちらの記事ではBE:FIRSTの新曲「Kick Start」の歌詞と歌割について紹介しています。

11月3日のCDデビューを前にカップリング曲の「Kick Start(キックスタート)」が先行配信されました!

10月5日に公開された「Kick Start(キックスタート)」のティーザーを視聴しただけでTHE FIRSTを思い出してしまうような、THE FIRSTを見ていた方ならピンとくる曲と歌詞でしたよね!(´;ω;`)

カップリングじゃなくてもはやメイン曲でもいい!(´;ω;`)

さっそく「Kick Start(キックスタート)」をダウンロードしたので、歌詞と一緒に歌割予想を紹介していきます!

※追記
10/6の「MTV LIVE MATCH」でBE:FIRSTが「Kick Start」のパフォーマンスをしたので、実際に「MTV LIVE MATCH」へ行った方の話を参考に歌割も訂正しています!

スポンサーリンク

BE:FIRST「Kick Start」の歌詞と歌割

(ソウタ🕺)
THE FIRST to BE
受け継いでく勇気
2度目の Days13
Re-Kickstart timing
1 get it 2 3
あのA, B, Cから生きる経験値 Let it be!
Our way 先陣切る

(リョウキ🐩)
2021, gotta be free! Let’s get it done
あんな たかが失敗 気にせずに move on!
君と過去も未来(さき)も背負って I’ll take you to the first!
A burden you bring on?
No matter what? Be the shining one!

(レオ🦁)
“It’s gonna be alright”
あの日の言葉が背中を押す
my days your days
ただ進むだけ
殴り書きの my way

(シュント🧢)
際限ない good days
ここにない でも don’t worry about it
下がり気味も Kick Start
響かせろよ my style
YOLO

(マナト🐧)
I hear Our song on the radio (シュント🧢radio)
繋がっていくストーリー  (シュント🧢story)
そう あの日々を (シュント🧢yeah)
七色で輝(てら)そう (シュント🧢輝そう)

(ソウタ🕺)→MTVでソウタくんと判明!
駆け抜けて来た今 忘れられない時間 Uh

(ジュノン🐢)
Living in the moment
ここから Kick Start

Wake me up, wake me up… yeah

(リュウヘイ🐉)
空に掲げた星を yeah

(リュウヘイ🐉)→MTVではマナト
雲を突き抜け いつでも見つける my way

(マナト🐧)MTVではリュウヘイ
手にした過去だって bye

(ジュノン🐢)
Let’s sing together forever
Yeah yeah
Let’s dance together forever
Yeah yeah yeah
夢にまで見た空の果てまで

(シュント🧢)
I hear
Our song on the radio
繋がっていくストーリー

(リュウヘイ🐉)
そう あの日々を
七色で輝(てら)そう

(マナト🐧)
駆け抜けて来た今 忘れられない時間
I’m on my way yeah

(レオ🦁)
ここから Kick Start

Wake me up, wake me up…

(リョウキ🐩)
Uh uh 空に掲げた星を

(レオ🦁)
ここから Kick Start

(リョウキ🐩)
Don’t give up, please stand by me!
Let‘s kick start it

ソウタくんのパート”駆け抜けて来た今 忘れられない時間 Uh”の部分は「Kick Start」の音源が公開された段階では様々な歌割予想がありました。

私はマナトくんかと思っていました。。

しかし、実際のパフォーマンスを見た方が「ソウタくんだった!」と教えてくれたことで判明しました!

めちゃくちゃ良い声してる~!!

そしてリュウヘイくんとマナトくんのパートもMTVの後から話題になっています。
“雲を突き抜け いつでも見つける my way”
“手にした過去だって bye”

この歌割はリュウヘイくん→マナトくんと予想していた方がほとんどでしたが、MTVではマナトくん→リュウヘイくんだったようです。

これについてSNSでは「ライブだけのアレンジ?」という声もあがっていました。

私もここは元々の歌割予想通りリュウヘイくん→マナトくんだと思っているのですが、ライブだけ歌割を変えることってあるのかな~と思いつつ、スパソニを思い出すとあり得るのかな~とも思っています(笑)

雑誌やラジオのインタビューで教えてくれると嬉しいな~

スポンサーリンク

Kick Startの意味

今回のタイトル「Kick Start(キックスタート)」は始動させる・弾みをつける・促進するという意味があります。

THE FIRSTというオーディションを越えて”ここから始めよう”というような想いが込められているのではないでしょうか。

「Kick Start(キックスタート)」は英語の歌詞も多いですよね。

特にリョウキくんのラップ部分!

さすが帰国子女という歌いこなしです。

英語の部分を日本語に訳してみましたが、英語がめちゃ得意!というわけではないのでニュアンスで受け取ってください(>_<)

THE FIRST から BE:FIRSTへ
受け継いでく勇気
2度目の13日
また始めよう
1 2 3と得て
あの(チーム)A, B, Cから生きる経験値なるがままに
俺らの道 先陣切る

(リョウキ)
2021年自由にやらなきゃ
あんな たかが失敗 気にせずに 進め!
君と過去も未来(さき)も背負って てっぺんまで連れていく!
負担になる?
何があっても? 輝く存在になる!

(レオ)
“大丈夫だよ”
あの日の言葉が背中を押す
僕の毎日は君の毎日
ただ進むだけ
殴り書きの 僕の道

(シュント)
際限ない 良い毎日
ここにない でも 心配しないで
下がり気味も 蹴とばして
響かせろよ 自分のスタイル
人生は1度きり

(マナト)
ラジオから僕らの歌が聞こえる
繋がっていくストーリー
そう あの日々を
七色で輝(てら)そう

(ソウタ)
駆け抜けて来た今 忘れられない時間

(ジュノン)
今この瞬間を生きている
ここから 始めよう

(中略)

(ジュノン)
ずっと一緒歌い続けよう
ずっと一緒に踊り続けよう
夢にまで見た空の果てまで

(中略)

(リョウキ)
諦めないから、応援してほしい!
一緒にここから始めよう

スポンサーリンク

Kick Startの作詞作曲は?

「Kick Start(キックスタート)」の作詞作曲はこのようになっています。

  • 作詞:SOTA, SHUNTO, MANATO, RYUHEI, JUNON, RYOKI, LEO, Matt Cab
  • 作曲:SOTA, SHUNTO, MANATO, RYUHEI, JUNON, RYOKI, LEO, Matt Cab, MATZ
  • 編曲:Matt Cab,MATZ

Matt CabさんとMATZさんは合宿クリエイティブ審査曲作りの動画に出演していた方ですね。

オーディション「THE FIRST」の合宿第一次審査である「クリエイティブ審査」の課題トラックが「Kick Start」のベースとして使われています。

そのベースをもとにBE:FIRSTのメンバーが新たなメロディー・歌詞・ダンスを考えたということで、オーディションから追っているファンとしてはエモい!!の一言ですよね(´;ω;`)

スポンサーリンク

Kick Startへの想い

そして、情報番組「スッキリ」では「Kick Start(キックスタート)」に関してのインタビューが放送され、BE:FIRSTのメンバーが曲のポイントや想いを紹介していました。

ソウタ
「THE FIRST踏み出す勇気」っていう歌詞で始めていたところを
「THE FIRST to BE受け継いでいく勇気」っていうのを<
皆が踏み出した勇気を、ぼくたちが受け継いでいくという歌詞を考えました

合宿中ソウタくんと唯一同じ年齢だったシュントくんがクリエイティブ審査で歌っていたパートだったことから、ソウタくんにとては思い入れのあるフレーズだったようです。

リョウキ
色んな失敗や過去を成功につなげていけるように全力で頑張るっていうストーリー性を込めて作詞しました

リョウキくんのラップ部分には合宿中の課題曲のタイトルが歌詞に組み込まれているんですよね。

レオ
Bメロの「It’s gonna be alright」はチームAのときの「”A” Life」から来ていて
あの時は「殴り書きの地図眺めて」みたいな歌詞だったけど
その殴り書きの地図が今自分の道(my way)になって
それが間違ってなかったんだみたいな
そういう想いがこもった歌詞になっている

THE FIRSTの視聴者にとてもチームAはとても印象的なチームでしたよね。

マナト
挑戦する側から今はいろんな方に見ていただける形になって
それがいろんな場所で自分たちの音楽が聞こえるっていう意味を込めて
自分たちはこれから羽ばたくんだぞっていう意味も込めて
「Our song on the radio」という歌詞にしました。

マナトくんが作詞したサビはまさに「Kick Start」という曲名にふさわしい未来を感じさせる歌詞になっていますよね。

ダンスもソウタくんを中心にTeam A・B・Cを思い出すような振り付けになっているそうです。

生パフォーマンスが本当に楽しみですね!!

スポンサーリンク

キックスタート(Kick Start)の歌詞と歌割!BE:FIRSTメンバーが作詞?まとめ

BE:FIRSTの新曲「Kick Start(キックスタート)」の歌詞・歌割・和訳・エピソードを紹介しました!

歌割は実際のパフォーマンスを見た方の声も参考にしていますが、あくまでも私の予想なのでご了承ください(>_<)

和訳に関してはBE:FIRSTの歴史を思い返して、こういう言葉があうかな?とニュアンスで捉えているところもあります。

とにかくめちゃくちゃ良い曲なのは間違いないので、デビューシングル「Gifted」のご予約がまだの方はぜひお早めに!

 

 

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
BE:FIRST 最近の話題
スポンサーリンク
ママちゃそをフォローする
気になる情報をチェック!|ママちゃそブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました