ディンタイフォン人気メニューと口コミ!mozo店の混雑状況は?

地域の話題
スポンサーリンク

mozoワンダーシティに新規オープンする「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の人気メニューや口コミと混雑状況について紹介しています。

mozoワンダーシティの1階に「ディンタイフォン」という飲食店がオープンします!

ディンタイフォンは台湾に本店を構える本格台湾料理のお店で、日本だけではなくアメリカ・中国・シンガポール・インドネシアなど世界10カ国に展開している人気店です。

ディンタイフォンがmozoにオープンするは2022年8月8日ということですが、その前に人気メニューや口コミが知りたいですよね!

また、すでに人気のお店であることからmozoのディンタイフォンもオープン後は混雑することが予想されます。

そこで今回は、mozoワンダーシティにオープンする「ディンタイフォン」についての情報をまとめてみました。

<この記事でわかること>

mozoにオープン!鼎泰豊(ディンタイフォン)の

  • 人気メニューは?
  • メニューの種類と値段!
  • 口コミは?
  • 混雑状況は?
  • 子供は食べられる?

7月にmozoのフードマルシェにオープンしたショップもチェック!↓

スポンサーリンク

ディンタイフォン人気メニューは?

ディンタイフォンで特に人気があるメニューは小籠包です!

定番の小籠包

ディンタイフォンの小籠包が人気な理由はこちら。

  • 熟練した点心師がひとつひとつ包みあげている
  • 味・形・品質にこだわった小籠包
  • 小さく端正な姿に仕上げた小籠包は鼎泰豐伝統の形
  • 美しく折られた18のひだ
  • スープや具が透けてみえるほど薄い手作りの皮
  • 皮の中にこめた旨味が凝縮した肉汁
  • 美味しさの追求のため、小籠包の作り置きはしていない

ディンタイフォンの看板メニュといえば小籠包!というぐらい人気の定番メニューです。

様々なサイトやSNSで口コミを見ても、ディンタイフォンに訪れた方のほとんどが小籠包を食べているようでした。

むしろ、美味しい小籠包が食べたいからディンタイフォンに行く!という方が多いかもしれません。

変わり種小籠包も人気!

また、定番の小籠包以外にもエビやカニみそなどが包まれた小籠包のメニューもあるようですが、その中でも口コミの評価が高かったのが「トリュフ入り小籠包」です。

トリュフが使われているだけあって値段は少し高めですが、かなり高評価なので食べてみたいですね!

ディンタイフォンの小籠包には季節限定メニューでフルーツが包まれた小籠包も販売されるようです。

小籠包にフルーツって?!と驚きましたが、小籠包の皮とあんことフルーツの組み合わせが大福のように感じられてとても美味しく、最後の締めにデザート感覚として食べる方も多いようです!

ラーメンと炒飯はこれ!

口コミを見ていると小籠包の次に人気がありそうなメニューがサンラータン麵とパイクーチャーハンでした。

麺類と炒飯のメニューも豊富なので迷ってしまいますが、これを食べておけば間違いなさそうです♪

サンラータン麵は酸味も辛みも控えめで食べやすいそうですが、逆に辛みがもの足りないと感じる方も多いみたいです。

パイクー炒飯は揚げた味付け肉がのっていてボリュームがあるので、友人や家族などとシェアした方が良さそうです。

デザートはこれ!

デザートの人気メニューはマンゴピンというかき氷のようなデザートです!

氷そのものがミルク味になっているので、普通のかき氷よりも濃厚で美味しいそうです。

氷はふわふわなのもポイントですよ~!

スポンサーリンク

mozoディンタイフォンのメニュー種類と値段!

追記

ディンタイフォンmozoワンダーシティ店オープン記念で、小籠包10個入1300円の特別メニューが販売されていました!

通常は6個で960円なので、かなりお得ですよね♪

1日50食限定ということなので、ぜひ早めの時間に足を運んでみてくださいね♪

mozoのディンタイフォンはまだオープン前なので、名古屋駅にあるディンタイフォンのメニューを参考に紹介していきますね。

口コミ数が多いメニューからピックアップしてみました!

<単品メニュー>

  • 小籠包(6個) 960円
  • トリュフ入り小籠包(4個) 2000円
  • ずわい蟹入り小籠包(6個) 1410円
  • 小籠包3種盛り(6個) 1310円
  • 野菜と豚肉入り蒸し餃子(6個) 1170円
  • えびと豚肉入り蒸し餃子(6個) 110円
  • パイクーチャーハン 1550円
  • えび入りチャーハン 1230円
  • サンラータン麺 1100円
  • パイクー麵 1550円
  • 牛肉麵(ニューローメン) 1380円
  • えび麵 1320円

<セットメニュー> メイン料理+小籠包4個のセット

  • 4種のきのこタン麵セット 1925円
  • サンラータン麵セット 1584円
  • タンタン麵セット 1584円
  • ニューローメンセット 1837円
  • えび麵セット 1804円
  • えび入りチャーハンセット 1694円

高くはないけど安くはないという値段ですね。

しかし、味も量も満足度が高いことからこの値段でも食べたい!と思う方が多いようですね。

mozoのディンタイフォンでは取り扱いメニューや値段が異なる可能性があるので、オープン後正確な情報が分かり次第追記していきますね。

スポンサーリンク

mozoディンタイフォンの口コミは?

mozoのディンタイフォンはオープン前なので、多店舗の口コミをSNSなどで調査してみました!

  • 世界のどのディンタイフォンで食べても美味しい
  • 小籠包から溢れるスープが美味しすぎる~
  • ディンタイフォンの小籠包うますぎて追加注文!
  • 小籠包には生姜たっぷり乗せて食べるのがオススメ
  • トリュフ小籠包はしっかりトリュフの香りがして美味しい!
  • 小籠包がアツアツではなかったけどやけどしない為らしい
  • メニューに外れがないからいつも注文しすぎる…
  • ディンタイフォンはえびチャーハンが1番美味しい!
  • 牛肉麵のお肉が柔らかくて食べやすい
  • サンラータン麵が辛すぎず美味しい
  • マンゴー小籠包うますぎてびっくり
  • ディンタイフォン美味しすぎて月1ぐらいで通ってるわ…
  • マンゴピンというかき氷がふわふわで美味しい!
  • マンゴピンのふわふわに感動

私も実際に食べたら感想を追記していこうと思います^^

スポンサーリンク

mozoディンタイフォンの混雑状況や待ち時間は?

追記

ディンタイフォンがオープンした8月8日の12時半ごろの様子です。

すでに75分待ちということで、来店を諦める方もチラホラ見かけましたよ。

しかし、このように呼び出し番号や待ち時間を大きく掲示してくれるのは分かりやすくてありがたいですよね。


 

ここ最近でmozoにオープンした飲食店の混雑状況を見ていると、やはりオープン初日は客数が多く、混雑しているように感じます。

ディンタイフォンのオープン日は平日でしかも月曜日であることから、それほど混雑することはないかもしれませんね。

ただし、オープン後最初の土日はかなり混雑することが予想されます。

1階のレストランエリアがリニューアルオープンした時も、お昼前から夜までずっとお客さんが途切れることなく並んでいた印象があります。

モゾには土日にはたくさんの方が訪れるので、オープンして間もない土日には2時間ていど待つことは覚悟しておいた方がよさそうですね。

実際にモゾにディンタイフォンがオープンしてから詳しい混雑状況や待ち時間を紹介していきますね!

スポンサーリンク

mozoディンタイフォン子供は食べられる?

他店舗のディンタイフォンではお子様セットメニューも用意されています。

  • お子様チャーハンセット 1000円
  • お子様ラーメンセット 1000円

それぞれのセットにユーリンチー、海老のフリッター、あんまん、杏仁豆腐、ジュースが付いていて、ボリュームがあります。

幼稚園程度のお子さんには多いかもしれないので、大人からの取り分けでも十分かもしれませんね。

人気の小籠包もしっかり冷ませばお子さんでも食べられる味付けですよ。

えびチャーハンもお子様連れには人気があるようです。

他店舗のディンタイフォンではお子様用のイスや食器なども用意されているそうなので、mozoのディンタイフォンでもその点は心配なさそうです^^

スポンサーリンク

ディンタイフォン人気メニューと口コミ!mozo店の混雑状況は?まとめ

mozoにオープンするディンタイフォンについて人気メニューや口コミ、混雑状況を紹介しました!

オープンは2022年8月8日です!

ぜひ足を運んでみてくださいね^^

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
地域の話題
スポンサーリンク
ママちゃそをフォローする
気になる情報をチェック!|ママちゃそブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました